正社員の転職を成功させるために

転職をして自分に合った職場を見つけるのも良いと思います

転職をキャリアアップや少しでも自分に合った職場探しの機会として使えたらとても良いことだと思っています。自分に合った会社や職場を見つけるのはかなり大変なことです。

入社してみて「こんなはずではなかったのに」と感じたことのうる方は少なくないと思いはずです。

私自身もそのような体験をして転職をした経験があります。また女性の場合、最初は働きやすかった職場であったのにも関わらず結婚をしてこどもが生まれた途端、働きずらずらい職場になってしまうこともあります。そのような場合、子育ての為により時間の融通のきく職場に転職を検討するのも良いと思います。

またこれから社会に出る学生の立場になって考えても理想的な会社に最初から入れるのは稀なはずです。就職する際に大まかに働きたいと思う業界や職種だけを決めて社会に出て、入社した企業で経験を積んだのち業界内の上位企業や自分に合う職場を探すために転職を検討しても良いと思います。

転職をより自分にとって働きやすい職場を見つけるたに積極的に活用してみるのも悪くはないと思います。

派遣社員と正社員の違いと紹介予定派遣での正社員のなり方

派遣社員という雇用形態は、正社員よりも会社の縛りがゆるく副業が出来たり、定時で帰らせてくれたり、多くを求めて来ないなど会社との適度な距離感を保てるなど色々な点で魅力的だと感じる事もあります。

が、一方で会社からの保障がないボーナスが出ない有給休暇がない、契約期間が決まっている、そして時には差別的な目で見られるなどのマイナス点も色濃く残っていると思います。

私はどちらの雇用形態の時もあり、それぞれに良い点と悪い点があると感じています。

しかし日本社会が年々、将来への不安を感じさせる様な不穏な空気が流れてきているので、最近ではやはり会社から守られている分、正社員の方が良いのではないかと感じてきています。

だからと言って派遣社員としての雇用形態に対して何の差別もありません。

正社員でいきなり転職するのは、このご時世で難しいですが、紹介予定派遣という形式を採用している会社も多くあります。

紹介予定派遣であれば、両者がお試し期間の間、お互いを見定める事が出来ますし、良ければ正社員として採用されるので正社員としての転職を考えているのであれば良い形式だと思います。

時と場合によっては契約社員でもいいのでは?

正社員になる転職なら何が何でもすべき。一昔前ならばこれが常識だったでしょう。しかし、今は一概にそうとは言えない時代のような気がします。

確かに、アルバイトと正社員であれば明らかに正社員の方が得です。社会保険があるからです。会社が半分負担してくれるのはすごく大きなことです。しかし、この恩恵は契約社員でも条件を満たせば受けることができます。そして、契約社員であれば副業を持っても大丈夫な場合が多いのです。

数年ごとに契約更新をしなければならず、いつ退職を告げられるか不安で仕方がない契約社員ですが、今の時代は正社員と言えども首を切られる時はバッサリと切られます。だったら、あえて契約社員の道を選び、副業である程度稼げるようにしておくのも一つの考え方だと思います。副業こそが、自分の保険となるのです。

ただ、この考え方も時と場合によると思います。信頼のおける大きな会社で、堅実に仕事をしていれば首になることはないという状況であれば、正社員になる方がいいと考えられるでしょう。

同職種の転職でも、正社員を狙っているなら、ある程度のスキルアップが必要だと思います。

会社の規模にもよりますが、以前の職場よりも良い環境を選ぶなら、これは必須のような気がします。

私は以前、地元の中小企業から、大企業に転職したことがありました。
この時は中小企業の福利厚生などを含めた待遇が良くなかったので、次はそういうところも含めて働きやすい職場に就職したいと思っていました。

そこで、私は自分のスキルアップを図るために、かなりの勉強をしました。
次の転職までには少し時間がかかりましたが、前よりも全ての面において良い職場に転職することができました。

転職は年齢が上がっていくほど難しくなっていくと思います。
さらにかなりのスキルが求められていきます。

狭き門かもしれませんが、地道にやっていくしかないような気がします。

もし、地元の中小企業でも転勤も地元だけなので、そういった点を考えると、多少小さい企業でも、正社員として転職するのも良いかもしれません。

正社員への転職で失敗しないためには?

現在正社員として働いているから、次の転職でも必ず正社員として転職できるとは限らないのがこのご時世です。現在の日本では正社員より良い待遇で転職をするには、まずどのような部分に気をつけるべきなのでしょうか?

条件のみだけを見て仕事内容を二の次にしない

正社員として転職したいとばかり焦っていると、今の仕事より良い条件での転職したいと欲を出しすぎてしまいます。

確かに条件UPは考える必要がありますが、こだわりすぎてしまうと仕事の中身が自分の経験た素質に合っていなくても、まぁ大丈夫だろうと思ってしまい、転職した結果、職場の雰囲気や業務になじめずまた転職するハメになります。

何の下準備もしないまま面接に行ってしまう

会社の経営方針を知ることは、面接での必須条件なのですが、面接官の聞いてくる質問に通り一遍等な優等生のような返事ばかりで返し、会社の経営方針や業務内容を正しく理解しないまま面接を受けてしまうと、第一印象が良くても、印象が良いだけに余計にガッカリしてしまい、不採用になってしまいます。

外面が良くても中身がない言葉では、面接官の心を口説くことができませんので、気をつけておきましょう。

ブラック企業に釣られないようにするために

求人誌や求人サイトを見ればわかると思いますが、いつも大体同じ会社が求人を出していることが多いです。

これらの求人は地雷の可能性が高く、離職率の高い仕事をすることになる可能性が高くなります。

就職先がなく、思い切って入社してみる場合は良いとは思いますが、それなりに覚悟して入社するのが良いでしょう。一度厳しい会社をあえて味わうのも今後の糧になるかもしれません。それ以外の人は転職を検討する時にはじっくりと時間をかけ、毎度募集しているところは除外して考えるのが基本です。

また、給料が業界の相場よりも高い会社も注意が必要です。なにかと自腹が多かったりする場合があったり、サービス残業が長いということもあり得ます。逆に、給料が安いと思って入社しても残業を全てつけてくれる会社であればかなりの給料になる場合があります。

求人要項の条件に釣られずに、しっかりと優良会社を見極める力が転職には必要です。

後悔しない転職をするには、様々な角度の分析が必要なのです。

転職エージェントには独自のネットワークがあるから、1人で仕事探しをするよりも効率的にいい仕事が見つかるよ!転職エージェントだけが持ってる特別な求人や、一般には募集していない良い条件の求人も見つかるカモね。エージェントが企業の雰囲気や企業の希望や要望を事前にチェックしてるから安心して仕事が選べるよ。自分が知りたいことを先に転職エージェントが調べてくれるからとっても便利だよ。 転職エージェントはあなたのことを企業に推薦してくれることもあるよ。あなたの「いいところ」を企業におすすめしてくれるカモしれないから、あなたが頑張れば頑張るほどいい仕事が見つかるよ。
参考:転職エージェント

30歳を超えての正社員での転職

30歳を超えてから正社員で転職をしたい場合、まずしっかりと事前に転職をしたい業界の求人について調べておく必要があると思います。

そもそも求人があるのか、長期キャリア形成のため年齢が29歳までの求人が多くないか、求められているキャリアはどういったものかなど自分が本当に転職ができるチャンスがあるのかを見極める必要があります。まず、そもそも求人がなければ転職することが不可能ですし、思っている会社が年齢的に厳しいようであれば他の選択肢を考えないといけません。

次に30歳を超えている正社員での転職の場合、ある程度社会人経験があり、それなりのキャリアがあることが前提となりますので、どういった実績や経験が必要かが一致しないと難しくなります。20代であれば、未経験でも問題ないですが、30代になるとまったくの未経験では正社員として転職はまず難しいと思います。

現在の仕事をしながら転職活動をすることは、なかなか気持ち的にも難しく、一旦辞めてから始める人もいますが、辞めるとすぐに決まらなければどんどん焦りに繋がり、とりあえず働きたいという思いのほうが強くなってしまい、妥協して会社を選んでしまうことにもなるので、働きながら転職活動をすることがおすすめです。

転職する上で大切な事

 誰しも一度は転職を考える事があると思います。成果がきちんと評価されない、会社の将来が不安、更なるキャリアアップを図りたいなど理由は様々かと思います。

しかし転職を成功させる為の大切な事は、自分は何に向いているか、今後何がしたいか、更には将来どうなりたいのかなどといった冷静な自己分析を行う事です。具体的には、自分がこれまでに頑張ってきたことや実績、その様な過程から得た自分自身強み等々、しっかり分析する事です。そこから自分の長所や短所を見つける事により、より今後の働き方がみえてくるというものです。

自己分析の作業は、先ずは紙に書き出してみるという方法がおすすめです。頭で考えるよりも、どんどん書き出す事により、具体的な意図が見えてきます。又、家族や友人などに客観的な意見を求めるのも良いと思います。

この自己分析で自分を知ることができれば、そこから何ができるのかなど将来像を描くと案外スムーズな転職に繋がると思います。

派遣社員から正社員への転職

私は以前、派遣社員として勤めていたことがありました。私は正社員から訳あって派遣社員になりましたが、実際、同僚の人の中には社会人になってからずっと派遣社員をしているという比較的若い女性も多かったのでびっくりしました。

私の派遣先は、年齢もキャリアも多彩で、私のような年配もいれば20代前半の人もおりました。ある時、派遣会社が契約していた大手クライアントが契約部署の整理・縮小を始めました。何かしらのトラブルやミスがあった訳ではなく、単なる経費削減などの理由でした。しかし、会社にとっては大きな痛手となりました。当然、これらの部署のために抱えていた派遣社員の削減は避けられません。

私たちは今後の身の振り方を、それぞれで考えなくてはならない現実に立たされたのです。部署閉鎖の期日は決められていましたから、個々に求職活動を行うようになりました。とはいえ、すぐに次が見つかる人は少なく、早めに辞めて求職活動に専念する人もいました。

そんな中、若い子たちが口々に言ったのが、派遣はこんなことがあるので、次の転職先は正社員で探すということでした。正社員から派遣社員に転職することは簡単ですが、派遣社員から正社員への転職は難しいことは皆わかっていました。

それでも、一番若い同僚が「私、正社員の仕事が決まりました」とうれしい報告を最後の日にしてくれました。

聞くと、知り合いの紹介で面接を受け、採用されたとのこと。

ツテでもなければやはり、正社員への転職は厳しいことを実感しました。

毛嫌いせずに同じ業界へ再チャレンジするのもお勧めです。

転職を検討するときは、現在やっている職種を検討してみると良いでしょう。仕事が嫌だったり、人間関係が悪かったりして退職する場合、同じ業界をもう一回だけ検討すると、次の会社が驚くほど良かったりする場合があり、自分の中で業界のイメージが変わることもあるのです。

退職を検討する多くは給料が安い、サービス残業が多い、人間関係に問題がある場合がほとんどです。
それらをクリアすることで仕事が好きになることもあるのです。

ですから前職の経験を生かせて新しいステージにチャレンジしてみるというのは非常に大切です。

給料は安いけど人間関係がとても良い会社や、殺伐としているけれども給料がすごく高い会社など、会社が変われば働き方も変化します。

まだ同じ業界に転職を検討した事のない方は、また転職を検討するときには一度同じ業界も毛嫌いせず受けてみると良いでしょう。

嫌いだった仕事が、業務内容を予め知っていることで、とてもおもしろくなったりする場合があるのでオススメです。